言葉

「貴様」は元々、敬称だった?貴殿、貴社との関係や意味が変化した理由

あなたは人に、「貴様」と呼ばれた場合、どのように思いますか?

現代人であれば、いい気分はしないでしょう。

見下されているような失礼な印象ですよね。

しかし、元々は貴殿や貴社のように「敬称」として利用されていたのです。

それが現代では真逆の意味として使われています。

何故、そうなってしまったのでしょうか。

「貴様」「貴社」「貴殿」

どれも同じ漢字を使用しています。

他にもが入る言葉は多いですが、 目下に使用する意味でも「敬称」であることに違いはありません。

しかし、「貴様」だけマイナスなイメージですよね。

何故、そのようなことになってしまったのでしょうか?

「貴様」の元々の使い方と時代

元々の意味は、漢字からわかる通り、 「貴方様」という意味でした。

口頭では「貴方様」で文面では「貴様」という風に使われていました。

使われていたのは主に中世の末期、 室町時代末期ぐらいからでした。

しかし、江戸時代に入り段々と庶民にも口頭で使われ始め、 使い方も少し変化し、同等の立場もしくは目下の人にも使うようになりました。

それでも、まだ本来の意味は残っていました。

現在でも上下関係に関係なく、 文面では「貴社」という言葉を使いますよね。 それと同じイメージです。

「貴様」の意味が変わってしまった原因

旧日本軍にあるという説があります。

「国民は皆等しく天皇の子供」という思想の元、 上官が部下に対して、敬意を持って使用していました。

しかし、これはあくまで建前です。

現代の日本を見てもわかる通り、 上下関係は厳しいですよね。

上の立場の人間が、 下の立場の人間を敬うことなど、ほとんどありません。

こういった背景から、 「貴様」という言葉は侮辱の意味を持つようになっていったのです。

なんと悲しい話でしょう。

まとめ

ちなみに、辞書の中にはいまだに 「貴殿」と同じ意味で使用するという記述もあります。

そして、現在の意味の記述もあり、 正反対の意味が両方載っているような辞書も存在します。

日本語の意味は変わるとはいえ、 もうここまできたら統一してもいい気がします。

こういった言葉の意味の変化は、 日常で当たり前のように使われます。

「ヤバイ」という言葉は、 今ではマイナスとプラスの両方の意味で使用されるようになりました。

「神」なども、 「凄く」という意味で使用している人も増えています。

こういった変化を楽しむかどうかは人それぞれです。

あまり正しい意味や文法にこだわらなくてもいいのではないでしょうか。

豆腐と納豆 漢字を見ると意味が逆では?漢字の由来を調べてみた「豆腐」と「納豆」、 みなさんもちろんご存知ですよね。 漢字も知っている人がほとんどかと思いますが、 漢字の意味をよくよく考えると・・...
ABOUT ME
やーぎ
大阪で高卒SEをしている20代後半の男です。 脱サラのためにブログを書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA