日本人は自分のこと無宗教だと思ってる人多いけど割合は?

日本では自分のことを無宗教だと思っている人が多いですよね。

でも大多数の日本人は、自分が何の宗教を信仰しているかを理解していないと思います。

ですが、お葬式や初詣など様々な宗教行事に参加していますよね。それはいったいどういうことなのでしょうか?

数字から見る日本人は本当に無宗教?割合

文化庁が宗教法人に対して行った宗教統計調査があるそうです。

  • 神道系:約12,000万人
  • 仏教系:約9,000万人
  • キリスト教系:約294万人
  • その他:約906万人

気づきましたか?

日本の総人口は合計1億2,700万ですので、 合計人数が総人口を上回っていることがわかります。

これは、一つの宗教だけでなく、複数の宗教に入っている人が多いためだと思われます。

にも関わらず、国民へのアンケート調査を行った場合、 「何らかの信仰・信心を持っている、あるいは信じている」人は 2割から3割という結果になることが多いそうです。

いったいどういうことなのでしょうか。

日本人の無宗教と宗教行事について

大前提として、 冠婚葬祭・ハロウィン・クリスマス・初詣・バレンタインデーは、 何かしらの宗教行事です。

これに宗教行事として積極的に参加している人は、 間違っても自分を「無宗教」とは言わないと思います。

日本人で多いパターンは、「よくわからないけど、 みんな参加しているから参加する」といったパターンが非常に多いです。

基本的に、ただのイベントだと思っているんです。 ただし、これだけであれば、「無宗教」と言ってもギリギリ許されると思います。

日本人の場合、 「クリスマス」「ハロウィン」「バレンタインデー」はただのイベントです。 何の意味もない只のお祭りなんです。

そこに信仰心がない以上、 無宗教と言っても問題ないんじゃないかと思います。

問題は、信仰心があるにも関わらず、信仰心を持っている自覚がないことです。

仏教と神道と日本人の無宗教

日本人のほとんどは、 この二つのどちらかには信仰心があります。

これを見て「別に信仰心ないよ」と思う方もいるかもしれませんが、 本当にそうですか?

仏教と日本人の無宗教

たとえば、日本の葬式についてどう思いますか? ほとんどの家庭が仏教式で行いますが、何故行うのでしょうか? 理由を明確に説明できるでしょうか?

細かい話をすれば、 「原始仏教」に葬式の考え方はないのですが、 ここで話す仏教は現在広く広まっている仏教のことを指します。

「葬式はしておかないと罰が当たる」だとか、 「葬式をしてあげないと天国に行けない」だとか、 色んなことがあると思いますが、 「世間体だけで行っているケース」以外は、 何かしらの信仰を持って行っているんだと思います。

神道と日本人の無宗教

神道では、大多数の人が初詣には行きますよね。

基本神様に手を合わせいるのだと思いますが、 自分を「無宗教」だと言っている人は、一体誰にお祈りをしてるのですか?

日本人は無宗教ではなく無自覚

まだまだ具体例もあると思いますが、 このように無自覚に宗教を信仰している人が、日本には多いのです。

迷惑なのは、 「世間体」という名の「同調圧力」ですね。

多いケースは、 自分が宗教の信仰があるから行っているだけの葬式なのにも関わらず、 葬式を行わない人を批判するのです。

批判するなら、 せめてその宗教の教えについて、ある程度勉強してから批判してほしいと思います。

私は、とくに信仰を持っていませんが、 仏教や神道、キリスト教や神話などは好きです。単純に設定や物語が面白いですからね。 フィクションとして楽しんでいます。

ただ、無神論者でもありません。 不可知論者といったところです。

ここで補足ですが、 信仰を持っている人を批判したいのではありません。

信仰を持つなら、 考えの芯を落ち自覚をすること、 その内容や教えを理解してほしいということが私の願いです。

正しく使って、生活が豊かになればいいですね。