豆腐と納豆 漢字の意味が逆?由来からわかる日本語

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

「豆腐」と「納豆」、 みなさんもちろんご存知ですよね。

漢字も知っている人がほとんどかと思いますが、 漢字の意味をよくよく考えると・・・逆なのでは? と思いませんか?

少し気になったので、調べてみました。

どちらも大豆で出来ている

「豆腐」も「納豆」も原材料は大豆です。

そして、「豆」が「腐」ったのが「納豆」、 「豆」を凝縮して「納」めているのが「豆腐」と思うと、 意味合い的に当てはめる漢字が逆のような気がします。

漢字の由来は?

色々な説がありますが、その中でも私が有力だと思うものを紹介します。

「納豆」の由来

納豆は元々、 お寺で作られたものが起源になっています。

その製法場所が 「納所(なっしょ)」と呼ばれる部屋(お寺の台所のような場所)であり、 そこから「納豆(なっとう)」と呼ばれるようになったんですね。

そう考えると、納得!ですね。

「豆腐」の由来

豆腐の発祥は中国です。

中国では「腐」という漢字は、 「くさる」という意味ではありません。

ブヨブヨしたもの、柔らかいものといった意味なんです。

つまり、 「豆腐」は「豆」が「腐」ったものではなく、 「豆が柔らかくなったもの」といった意味なんですね。

他の説について

中国から伝わったときに、 間違って伝えられたという説もありますが、 「納豆」は日本発祥、「豆腐」は中国発祥です。

ですので、この説はなさそうですね。

まとめ

今回のように、 漢字の意味を考えると疑問を感じる日本語は多いです。

一度調べてみると色々なことがわかって面白いですよ。

https://yaginoblog.com/kisama-keishou-riyu/

最新情報をチェックしよう!