結婚の祝儀の相場金額は?実は日本独特?海外の文化との違い

日本のみなさん、「結婚式」をイメージしてください。まず、結婚式場でウエディングドレスを着て、教会のような場所で愛を誓いあい、その後は披露宴を行う・・・。

日本の結婚式といえば、ほとんどがこのようなイメージですよね。 (神社で和装、というのも変わらず人気のようですが。)

どんな結婚式であっても、「ご祝儀」を出すのは常識で相場金額も決まっている。しかしそれって日本独特の文化なのをご存知でしたか?

今回は、 ご祝儀を中心に、海外での結婚式文化の違いについて調べてみたことを紹介していこうと思います。

日本での結婚式での祝儀の相場金額

日本でのご祝儀、一般的に常識的な相場金額といわれる金額はいくらぐらいでしょうか。

友人なら2~3万円、親族で5万円、近しい親族や上司だと8~20万円と言われています。

この「ご祝儀の相場金額」、高いなぁ・・・ とひっそり思っている方、結構いるのではないでしょうか。

結婚式はお祝いの場です。 あくまで好意で出すはずのご祝儀に、 常識的な相場金額が決まっているのはなぜなのでしょうか?

実はこれには色々な思惑が働いています。 その思惑については後ほどご説明しますので、まずは海外での結婚式文化についてお話します。

欧州や米国での一般的な祝儀の文化

まず、 日本のようにご祝儀として現金を数万円も出すような文化はありません。つまり、結婚式の祝儀に相場金額があるなんてことはありません。

しかし、 何もお祝いがないかと言えばそうではありません。

祝儀の代わりにプレゼントリスト

ご祝儀の代わりに、 「プレゼントリスト」を利用する文化があります。

結婚式の前に、 友人代表が新郎新婦に「必要なものリスト(=プレゼントリスト)」を書いてもらうようにお願いします。

そして、 参列者はその中から自分がプレゼントするものをそれぞれ決めるのです。誰が何をプレゼントするかは、 早い者勝ちだったり、 話し合いで決めるみたいですね。

最近ではネットにリストを公開して、 まだ贈られていないプレゼントがどれかパッと見てわかるようにします。それを参列者がチェックすることによって、 プレゼントが重複しないようにするようです。

日本では、 ご祝儀とは別に色々とプレゼントを贈る人もいますが、 誰が何を贈ったのか・新郎新婦は何がほしいのか、 が見えない場合も多いため、プレゼントがカブってしまった!! なんてこともしばしばあります・・・。

祝儀ではなくパーティの参加費用・ゲームでの集金

パーティの参加費用として、 参加者から5千円~1万円程度を回収したり、 ゲームの中で「おひねり」のような集め方をすることもあるようです。

こういった文化の方が、各自の負担は少なく金額もわかりやすいので、 楽しく参加できていいですよね。

何故、日本ではご祝儀があるの?

さて、ここで「日本でのご祝儀文化」についての疑問が。

現代の挙式・披露宴スタイルは海外を真似したことは間違いないはずです。 なのに何故、海外にはない「ご祝儀文化」が日本では広まったのでしょうか?

ウエディング業界の陰謀

日本の挙式・披露宴には沢山のお金が掛かります。

海外ウエディング費用の相場金額は、 おおよそ平均で100万円~120万円、 日本の平均はなんと300万円を超えています。

何故、そんなに高いのか? その答えは、「ウエディング業界が儲けたいから」です。 本当にそれだけです。

結婚式の費用は、自分や家族の憧れる結婚式にするために必要な出費! と考えている方が多いかと思いますが、 実はその結婚式の費用の一部になる「ご祝儀」文化が始まったのにはある流れがありました。

①ウエディング業界、もっと儲けるにはどうすれば良いか考える

②挙式・披露宴を豪華にして結婚式費用を吊り上げよう(客単価を上げよう)

③費用が高すぎて客数自体が減る(=儲からない)

④参列者から費用を徴収すれば結婚式費用が賄えることをお客さんに理解してもらえれば良いのでは?

⑤メディアを利用して「ご祝儀文化」を常識化させよう

⑥大成功!!!

簡単に説明するとこのような流れでした。 どうでしょうか? この流れがわかると、なんだか現代日本の「ご祝儀文化」に疑問が出てきませんか?

ただ、 メディアがいくら広めようとしたところで実際に人々の意識に浸透しなければ意味がありません。

何故、こういった文化がしっかり浸透してしまったのでしょうか?

結婚の祝儀に相場金額があるのは日本の国民性

もちろん昔の日本では、ご祝儀文化は存在しませんでした。 しかし代わりに「祝い品」の文化がありました。

各家庭が新郎新婦の家庭に「祝い品」を持っていくのですが、 その「祝い品」で『格付け』を行っていたと言われています。

戴くものの内容で、相手の価値を決める。 こういった考え方が現代にも影響しているんです。

立場にもよりますが、 現代でご祝儀を1万円~1.5万円程度にした場合、 「あの人はケチだ」「常識がない」という感想を持つ人も少なからずいます。

私はこの考え方に違和感を感じます。 そもそも結婚式はおめでたい、お祝いの場です。 後援会ではありません。

仮に料理が7千円~1万円(高いですが)だったとしても、 そのくらいの金額をまかなえれば十分ではないかなと思っています。

主役である新郎新婦と親族や友人、全員の温かいお祝いの気持ちではなく、 いつのまにか常識となってしまった謎の文化で作り上げられた結婚式。 その中で、本当に必要なものは一体どのくらいあるでしょうか。

現代の日本では祝儀は出した方が無難

ここまで自由に書きましたが、 実は私自身も参列する場合、「日本での常識」としてご祝儀を支払っています。

しかし逆に、結婚はしていますが結婚式はしていません。

お祝いをしたい気持ちはあるのに、 よくわからない文化のせいで自分の気持ちを素直に表すことができない・・・ とてももどかしいです。

早くこのような不自然な文化がなくなり、 みんなが心から気持ち良く楽しくお祝いができる場が沢山増えることを願っています。

日本人の特徴がわかる記事はこちら

>>日本人は現金主義が多い?キャッシュレス化が進まない理由と問題点

>>日本人の政治意識は世界から見て低い?G20との比較を交えて分析

>>日本人は議論が下手 その文化的理由と対策を考える

>>日本人は自分のこと無宗教だと思ってる人多いけど割合は?