「要は」が口癖で頻繁に乱用する人の特徴

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

あなたの周りに、「要は」が口癖の人はいませんか?

そういう人は、やたらと「要は」という割に、まったく話が要約されていないんですよね。

何故、そうなってしまうのでしょうか?

「要は」の意味

そもそもの「要は」の意味ですが、「その話の一番重要なこと。要約すると…」といった意味です。

そう考えると、会話のキャッチボールで何回も「要は」を使用するのはおかしいですよね。

よくいる「要は」を乱用する人

私の同僚で、「要は」の多用を通り越して乱用する人がいるのですが、周りから「説明が長すぎて何言ってるかわからない」といった印象を持たれています。

「要は○○で○○のときに要は○○で、○○の場合に要は….」のような使い方をしていて、聞いている方からしたら、どこが大事なポイントなのかわからないんですよね。

その人は、説明が長いだけでなく、自分の説明を途中で遮られるとキレるという特徴があります。そして、どんどん話が横に逸れていくんですよね。

「要は」を乱用する人は、自分のことを話が上手く頭がいいと思っている

私の同僚の場合、確かに頭の回転も記憶力もいいのです。ですが、「話が上手い」と思っているのは問題ですね。

本当に話が上手い人は、相手の反応を見て追いついているかを確認しながら話しますからね。

「要は」を乱用する人は、人の話を聞かない

「要は」を乱用する人は、人の話をまともに聞いていないことが多いです。話を聞きながら、自分の中での結論が先に決まっているんですね。

まだ、話の途中なのに人の話を遮って「要は…」と話し始めますが、まったく見当違いのことを言っていることもよくあります。

最後まで話を聞けば、自分の考えが間違っていることに気付くのに、結論ありきで人の話を聞いてしまうために、そうなってしまうんですよ。

使いどころが難しい

「要は」を上手く使用できる人は、話が上手い人です。

しかし、乱用してしまう人は話が下手な人である可能性が高いです。

「要は」は諸刃の剣

みなさんも気を付けましょう。

最新情報をチェックしよう!

職場カテゴリ内の最新記事4件