日本人は現金主義が多い?キャッシュレス化が進まない理由と問題点

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

日本人は世界に比べ、 現金主義の人が多いと言われています。

そのため、個人店ではクレジットカード非対応の店も多く、 外国人観光客から不満も上がっています。

そこで今回は、 何故日本では現金主義が根強く、キャッシュレス化が進まないのか、 その原因とその問題点についてまとめてみました。

クレジットカードは借金だと思っている

現に私の父もそうなのですが、 クレジットカードを作ること自体に反対していました。

何故か?

クレジットカード=借金=大変なことになる

という構図が出来上がっていて、 クレジットカードを毛嫌いしていました。

確かに、 クレジットカードは普通に働いていても ひと月で月給以上のお金を使うことも可能です。

しかし、それはあくまで個人の裁量によるものです。 クレジットカードが悪いわけではありません。

バブルを経験した世代は、 自分がクレジットカードで失敗した経験から、 毛嫌いしている人が多いみたいですね。

そして、 そういった親の影響からクレジットカードは危険なものだ というイメージを持った人もいるようです。

クレジットカードは利子が凄い

これは、 キャッシングとクレジットカードの違いを理解していない人や、 「リボ払い」や「分割払い」をしている人のことでしょう。

一括払いで毎月全額を引落にしている場合、 手数料や利子は掛かりません。

むしろ、ポイントが付く分お得と言えます。

個人情報の流出を恐れている

私の妻はクレジットカードを使用することも多いのですが、 ネット決済での個人情報入力に抵抗があるようです。

メディアの影響なのか、 特に理解もせずに「個人情報の流出は怖い」 というイメージが刷り込まれているんですね。

しかし、 実際はクレジットカードが不正に利用された場合、 クレジットカード会社が補償してくれるようになっています。

ネット決済での個人情報の流出は確かに存在しますが、 それはサイト自体に問題があるケースと、 ネット決済をする方がURLの確認などの基本的な対策ができていないことが原因です。

クレジットカードが悪いわけではありません。

ランチタイムや指定金額以下でのカード決済禁止の店がある

「ランチタイムでのクレジットカード払いは対応していません。」や 「3,000円以下でのクレジットカード払いは対応していません。」 などの言葉を見たことがありませんか?

クレジットカードでは、 お店側が手数料をクレジットカード会社に支払う仕組みなため、 お店側が利益率を確保するように、 高額決済時でしかカード決済を認めていないことがあります。

しかし、 これはお店側が規約違反をしています。

カード決済対応の店は、クレジットカード会社と契約しています。

その場合、 クレジットカード決済を断ることは規約違反となります。

違反している店は、カード会社に通報しましょう。

クレジットカードが使えない店がある

「卵が先か、ニワトリが先か」 という話もありますが、 クレジットカード払いが増えれば、お店も対応しますし、 お店が対応すればクレジットカード払いが増えます。

少しづつ増えていってはいますが、 現金払いが根強いため、まだまだかもしれませんね。

否定ばかりでやらず嫌いの人も多い

前述してる理由から、現金主義の方の中には試しもせずに否定している人がいます。

もしくは、 昔の店舗の普及率がいまいちだった時を例に出し、 不便だと思っている人もいるでしょう。

しかし、 現在はコンビニでは電子マネーやクレジットカード払い可能な店舗がほとんどです。(電子マネー規格は統一してほしいですが...。)

そして、 現代のキャッシュレス化に慣れてしまうと、 もう現金主義には戻れないほど便利なことがわかるでしょう。

お財布も軽くてすみます。否定派の人は、一度試してみてダメそうであれば使わなければいいだけです。

資金洗浄がしにくい

いわゆる正規の手段で手に入れたものでないお金を処理しようとする場合、 銀行やクレジットカードでの決済を行うと、履歴が残ってしまいます。

ですが、現金支払いの場合そういった履歴が残りません。

そういったことから、 裏稼業の方々は現金でのやり取りを多用しています。

クレジットカードや電子マネーなどのキャッシュレス化が遅れていることによる問題点

海外からの観光客への影響が大きいでしょう。

私自身、 海外旅行ではほとんどの決済をクレジットカード決済で行いました。

現金に両替をする場合、手数料が高いですからね。

そして、 決済に時間がかかることが多く、小銭もかさみます。

正直なところ、 資金洗浄以外で現金を利用するメリットは、 私に取っては見つからないレベルです。

日本人の現金主義はグローバル化の足を引っ張る

クレジットカードに限らず、 キャッシュレス化は必要だと感じています。

仮想通貨、QRコード、アリペイなど、 電子決済方法の普及が加速し続けています。

利用者が増えれば、更に加速し、更に便利になるでしょう。

日本でも試験運用が開始した 「AmazonGo(無人レジ無店舗)」は、キャッシュレスが前提です。それどころか、決済処理すら必要ありません。

店舗に入店する際に、 専用のアプリからQRコードを表示し、 ゲート認証、店舗内で商品を手に取り、ゲートから出るだけで決済が完了します。なんて便利なんでしょうか。

こういった店舗は、 日本でこそ早めに運用すべきだと考えています。

キャッシュレス化には、 グローバル化に欠かせない要素が詰まっています。

日本人がいつまでも現金主義にとらわれず、正しく便利に利用できればいいですね。

関連記事

[estimated_reading_time]日本人の特徴ってどうなの?海外の反応は?って思ったことが一度でもある人のための記事です。身長や目の色などの身体的特徴から、働き方や国民性などの精神的特徴、ルーツや起源についても[…]

日本人 特徴
最新情報をチェックしよう!