セスキ炭酸ソーダは重曹よりも掃除や洗濯で万能?油汚れに強い?

セスキ炭酸ソーダの方が重曹よりも掃除や洗濯で万能?

重曹での掃除や洗濯が注目を浴びている中、最近ドラッグストアなどでセスキ炭酸ソーダを見かけることも多いでしょう。

けど、使用したことがない人からすると効果が気になるところですよね。

そこで今回は、そんなセスキ炭酸ソーダと重曹の関係、効果について解説します。

セスキ炭酸ソーダとは?

セスキ炭酸ソーダは、見た目は重曹のような粉末状です。 重曹よりもアルカリ性が高く、水に溶けやすいという特性を持っています。

良いものなのであれば、重曹をやめて掃除にはすべてセスキ炭酸ソーダを使えばいいのでは??

・・・と思った方もいるかもしれませんが、ちょっと待ってください。 実はそれぞれに得意分野がありますので、「使い分ける」のが正解です。

一概にセスキ炭酸ソーダの方が良いとは言えない

セスキ炭酸ソーダは油汚れに強い

セスキ炭酸ソーダは主に、「油汚れ」を落とすことが得意です。 キッチン周りの油汚れには重曹よりも効果を発揮します。

しかも水に溶けやすいので、 水といっしょにスプレーに入れて吹き付けながら使用すると非常に使いやすいです。
※スプレーの作り方は最後にご紹介します。

ちなみに血液も落ちやすいので、布ナプキンの洗浄にも有効だったり、 皮脂汚れにも強いので衣服の襟・袖周りの洗濯にも向いています。

そしてリビング等の掃除としては、クレヨンや油性マジックを落とすのにも有効です。 これらも油汚れ、ですからね。

油汚れには重曹よりもセスキ炭酸ソーダがおすすめ

セスキ炭酸ソーダと重曹の違いは?

重曹をキッチン周りで使用する場合は、 主に「研磨剤」として使用するのがオススメです。

セスキ炭酸ソーダと重曹は同じアルカリ性なのですが、 重曹は弱めのアルカリ性で水に溶けにくい性質を持っていますので、 鍋の焦げ落とし等、擦って「研磨」し汚れを落とすことを得意とします。

また、重曹とクエン酸でのお風呂掃除についてのこんな記事もあります。↓↓↓

>>お風呂掃除で塩素系漂白剤は使いたくない!重曹とクエン酸での掃除がおすすめ!

関連記事

塩素系漂白剤の臭いが嫌いで使いたくない!!界面活性剤を使いたくない!!そんなナチュラル派の方の掃除として万能なのが、重曹とクエン酸です。合わせて使うことによって更に便利になるのをご存知ですか。今回は、お風呂掃除に重曹とクエン[…]

セスキ炭酸ソーダは何でも落ちるの?

油汚れ

まず、いくら重曹よりもアルカリ性が強いといっても、 本格的な頑固油汚れには効果が物足りない場合があります。

そういった汚れには、もっとアルカリ性の強い洗剤を使う必要があります。

ただ、アルカリ性が強ければ強いほど肌にもダメージがありますし、取り扱いも大変です。 本当にひどい油汚れであれば、プロに依頼する方が簡単だと思います。

泥汚れ

泥汚れに関しては、それほど効果はありません。泥は油汚れではありませんからね。

セスキ炭酸ソーダスプレーの作り方

  • 水500ml
  • セスキ炭酸ソーダ 小さじ1

上記を混ぜて、スプレー容器に入れて使用します。

急いで使い切る必要はありませんが、2~3ヶ月で使い切るのがおすすめです。 汚れがひどい場所に使用する場合は、 セスキ炭酸ソーダの割合を増やすと効果が高くなります。

どこで買える?

最近は大きめのドラッグストアであれば、売っているお店も多いです。amazonであれば、1kgや5kg単位で購入できます。

我が家では、「重曹」「セスキ炭酸ソーダ」「クエン酸」「酸素系漂白剤」をフル活用しています。
関連記事

冷蔵庫の寿命って何年?10年って本当?買い替え時期、タイミングは?家電の中でも特に必須な冷蔵庫ですが、冷蔵庫の寿命はご存知ですか?意外と長持ちするので長年使い続けているご家庭も多いとは思いますが、突然壊れてしまったら大事です[…]