アニメ・漫画

【旧アニメ版最終話時点】幽遊白書 強さランキング トップ30

幽遊白書の旧アニメ放送25周年を記念して、「霊界探偵編」「暗黒武術会編」「仙水編」「魔界編」の全4巻で新作アニメが発売されることが決定しました。

そこで、旧アニメの振り返りとして旧アニメ(漫画からの情報も補足)のキャラクター強さランキングを作成しました。

>>旧アニメを一気見するならこちら

30位~11位

30位 戸愚呂弟

B級妖怪としては、最強でしょう。

見た目は完全に最強クラスなんですが、実はB級止まりでした。

29位 桑原

次元刀に覚醒した桑原は、A級に覚醒した飛影・蔵馬と一緒に仙水と戦っています。

A級程度の力は持っていると考えてよさそうです。

28位 東王・西帝・南海などのA級妖怪

このランクのキャラは多過ぎて、ランク分けしにくいのでひとまとめにします。(戸愚呂弟をランクインさせたかった)

A級妖怪は、描写がないので強さがわからないんですよね。

27位 仙水忍

人間では、間違いなく最強でしょう。

聖光気を扱い、A級に覚醒した飛影・蔵馬と次元刀を使う桑原を相手に圧倒します。その後も、魔族覚醒直後の幽助と善戦するなど実力は申し分ないでしょう。

ただし、この実力でも魔界ではS級に成りたてといったところです。

26位 時雨などのS級中位~下位妖怪

魔界トーナメントの予選を通過しているような妖怪は、ここに入るでしょう。

時雨は、元軀軍の側近戦士の中では最弱ですが、南野修一バージョンの蔵馬よりは強いと思われます。

そのことから、元軀軍の側近戦士はS級中位に位置すると考えて、その他は下位に位置するとしました。

25位 鯱

元黄泉軍のNo.2だった鯱ですが、有望な若者が笑われるたびに暗殺していたと思われる屑です。

しかし、実力はNo.2を誇っているだけに中々のものだったと思われます。

24位 鈴駒

蔵馬に修行を付けてもらって妖力値が10万ポイント超えを果たした一人です。

修行した中では最弱でしょう。妖術が得意で結界術や回復術も使えるようです。

魔界トーナメントでは、惚れたてしまった流石に敗北していますが、本気を出せば勝てるでしょう。

23位 鈴木

蔵馬に修行を付けてもらって妖力値が10万ポイント超えを果たした一人です。

元々は、大きな実力はなかったのですが、魔道具作成に長けていた鈴木は、修行で実際に強くなりました。

しかし、とくに目立ったところもなく魔界トーナメントが終了しています。

さすがに死々若丸に勝てそうな気がしないので、下でランクインさせました。

22位 死々若丸

蔵馬に修行を付けてもらって妖力値が10万ポイント超えを果たした一人です。

魔界トーナメントの際に、妖力値では勝っているはずの北神に敗北します。

21位 北神

元雷禅軍のNo.2です。

妖力値で考えれば、10万ポイント超えをしているので、死々若丸に負けそうなのですが、アニメ版では悠々と勝利しています。

妖力をDランクまで下げても、幽助が認めるほどの実力を持っていたことから、経験と能力で戦うタイプだと思われます。

>>旧アニメを一気見するならこちら

20位 奇淋

軀の忠実なる部下にして、元軀軍のNo.2です。実力は、元No.2の中では一番強かったことがわかる描写があります。

妖力値で考えれば、最終話時点でも10万ポイントを上回っていないことが予想されます。ただし、北神と同様に経験豊富そうなことが伺えます。

19位 陣

蔵馬に修行を付けてもらって妖力値が10万ポイント超えを果たした一人です。

アニメ版の魔界トーナメントでは、雷禅の旧友である痩傑と対戦して、得意の空中戦で敗れています。

18位 修羅

年齢を考えると有り得ないほどの実力者ですね。黄泉の息子であり、推定妖力値は50万ポイントです。

大会が始まる前の幽助と同程度の実力があると考えていいでしょう。

しかし、大会後に蔵馬に対して追い付くといった発言をしていることから、蔵馬よりも劣ると考えていいでしょう。

17位 蔵馬

妖狐バージョンの蔵馬でも、このくらいの順位になりそうです。

アニメ版では最終的に南野修一で生きることを決め、妖狐化を解いて時雨と戦い、苦戦して勝利しました。

その後の生活では、南野修一として生きているため、この順位に落ち着きました。

南野修一としての実力でいえば、時雨と同等と考えていいでしょう。

16位 酎

蔵馬に修行を付けてもらって妖力値が10万ポイント超えを果たした一人です。

魔界トーナメント後に、棗と修行をしているのでこの16位にランクインさせました。

最終話時点で、凍矢に勝ってそうな気もするのですが、アニメ版の凍矢は強すぎるので下にしています。

15位 凍矢

蔵馬に修行を付けてもらって妖力値が10万ポイント超えを果たした一人です。

酎との順位付けで迷ったのですが、アニメ版での描写が強すぎたために15位にランクインさせました。

なんと雷禅の旧友である九浄で善戦しています。

これが無ければ、最終話時点で棗に修行を付けてもらっている酎の上にしたのですが、ちょっとアニメ版描写が強すぎました。

14位 飛影

邪眼の持ち主にして、邪王炎殺拳の使い手です。メインキャラとして、幽助と共に戦ってきました。

アニメ版の魔界トーナメントでは、軀と対戦して敗北していますが、ボコボコにやられています。

しかし幽助の仲間の中では一番強かったでしょうし、強くなるペースもかなり早いことが描写からわかります。

さすがに幽助には負けるであろうことから、14位にランクインです。

13位 浦飯幽助

主人公としては、低めの順位ですね。

アニメ版では、妖力だけでなく霊力と駆使して黄泉の「魔古忌流煉破反衝壁」を破ることにも成功していました。

それだけでなく、聖光気のような見た目の黄金の気(コエンマが聖光気じゃないと言っていました)を発生させました。おそらく、霊力と妖力を融合させてオリジナルの気を発生させたということなんでしょう。

黄泉との対決では、肉弾戦に持ち込んだ結果、ギリギリのところで黄泉に敗北しました。

同率11位 鉄山

雷禅の旧友の一人です。

雷鳳と同様に、アニメ・漫画版での強さ描写が皆無なんですよね。

雷禅の旧友の強さは拮抗していると思うのですが、描写があるメンバーを上位に持っていった結果、この順位になりました。

同率11位 電鳳

雷禅の旧友の一人です。

鉄山と同様に、アニメ・漫画版での強さ描写が皆無という可哀そうな役回りですね。

他のメンバーは、戦闘描写があったので順位を上に持っていきました。

>>旧アニメを一気見するならこちら

10位~1位

10位 棗

アニメ版の魔界トーナメントでは、予選で酎と対戦しましたが、圧倒的な実力差からバトルマニアの酎が棄権するほどでした。

アニメ版で判明しましたが、九浄は兄のようです。

9位 周

雷禅の旧友の一人です。

メタル族であり、魔界トーナメント2回戦で痩傑と対決するが勝者は不明です。

しかし、痩傑はアニメ版では1回戦で陣と対決して消耗していると見られるため、その分を考慮して痩傑を上にしました。

8位 痩傑

雷禅の旧友の一人です。

周と魔界トーナメント2回戦で当たるが、勝者は不明です。

しかし、アニメ版では1回戦で陣と対決しており、陣の得意な空中戦で勝つ程の実力者なので8位としました。

9位の周とは、ほぼ互角と言えるでしょう。

7位 狐光

雷禅の旧友の一人です。

雷禅に片想いしてアタックし続けていたが、雷禅が人間の女と子供を作ったと知り、自暴自棄になり煙鬼と結婚することになったようです。

その実力は、幽助と対戦して消耗していたとはいえ黄泉を倒すほど。

しかし、その後は九浄に負けていることから7位にランクイン。

6位 九浄

雷禅の旧友の一人です。

アニメ版では、魔界トーナメント1回戦で凍矢と対戦し、苦戦しますが勝利しています。

その後も、黄泉に勝った狐光と戦い勝利を収めています。

5位 才蔵

雷禅の旧友の一人です。

漫画版・アニメ版ともに描写がほとんどないキャラですが、漫画版の魔界トーナメントでは準優勝を果たしています。

以下、漫画版のみでの描写ですが、準々決勝では、周VS痩傑の勝者と対決し勝利しています。

そして、準決勝では九浄に勝利して決勝で煙鬼に敗れて準優勝です。準々決勝までに旧友と当たっていないことも、準優勝になった理由の一つでしょう。

正直、雷禅の旧友は実力が均衡しているでしょうからランク付けが難しいですね。

4位 黄泉

煙鬼と3位で迷いましたがが、4位でランクインです。

妖力波であれば、吸収することのできる「魔古忌流煉破反衝壁が強力ですね。

漫画版では、戦闘シーンのほとんどがカットされていましたが、アニメ版では幽助の放つ霊丸改め妖丸の連発を吸収しきっていました。

その後、あえて得意な妖術戦ではなく幽助の土俵である肉弾戦をした結果、苦戦しつつ幽助に勝利し、消耗しきったあげくに次の対戦で孤光に敗れます。

幽助の土俵に上がらず、早期に倒していれば、孤光にも勝てたかもしれませんね。

3位 煙鬼

雷禅の旧友の一人です。

黄泉と迷ったが、「運も実力の内」、「軀に勝利している」ということも考慮しつつ、黄泉のスタミナ不足ということで煙鬼を3位にしました。

魔界トーナメントでは、見事優勝を果たし3年間のみ魔界を統治し、3年後に再び魔界トーナメントを開催することを発表しました。

雷禅の昔の仲間の中では、まとめ役のような存在であることから、実力も認められていると思われます。

ただし躯に勝ったとはいえ、躯の全力には負けそうなので3位ということにしました。

2位 軀

500年もの間に雷禅、黄泉と魔界のトップとして君臨していた実力者です。黄泉よりもトップに君臨していた時代は長かったようですね。

魔界トーナメントでは棗にも勝利しています。

その後に、閻鬼に敗れましたが、希淋曰く「精神状態に左右されて、和やかな大会では実力の半分も出せない」とのことです。

仮に、本気を出せれば最強であることがわかります。

アニメ版では、「空間切断する能力」まであり、最強であることが更に裏付けできますね。

1位 雷禅(全盛期)

これには異論はないでしょう。

魔界トーナメントで優勝した閻鬼に、

ワシらも強かったが、あいつはもっともっと強くてのー

と言わせていることから、昔の仲間たちよりも明らかに強かったことがわかります。

それに、「あの頃の雷禅を見たら、躯や黄泉はチビる」というような発言もしていることから、当時は桁違いの強さを誇っていたと考えられます。

>>旧アニメを一気見するならこちら

ABOUT ME
やーぎ
大阪で高卒SEをしている20代後半の男です。 脱サラのためにブログを書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA