ギャグアニメのおすすめを非ランキング形式でまとめ【15年以内に放送】

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

アニメのジャンルの中でもギャグ系は、日常系からSF系など色んなジャンルの設定の作品があります。

集中して観るというよりは、とりあえず観ながらご飯を食べたり作業したり、気軽に観られて楽しい気分になれるのがいいですよね。

今回は、そんなコメディ・ギャグアニメの中でも実際に観て面白いと思った作品のみを、非ランキング形式で紹介します。

コメディ・ギャグ展開がメインの作品のみを紹介していますので、ラブコメやバトル、SFが中心の作品などは含みませんので、ご了承ください。

銀魂

タイトル銀魂/銀魂’/銀魂’延長戦/銀魂゚/銀魂.
放送期間2017年4月7日 – 6月23日/2018年7月9日 – 12月17日/2019年10月7日 –
話数全201話/本編全51話+延長戦全13話/全51話/全51話
原作空知英秋
監督高松信司(第1話 – 第105話、監修:第106話 – 第265話)、藤田陽一(第100話 – 第265話、監修:第266話 – )、宮脇千鶴(第266話 – )
アニメーション制作サンライズ(第1話 – 第265話)、バンダイナムコピクチャーズ(第266話 – )
シリアス回ではギャグが少なめですが、基本的にギャグ回の面白さはさすがですね。

コメディというよりはギャグアニメといった印象です。

そもそも、タイトルからしておかしいですよ。

主人公が銀さんこと「坂田銀時」なんですけど、元ネタは「坂田金時」です

・・・。

きん○まじゃねぇか!!

実際に、ギャグ回では銀さんならぬ、金さんも登場します。

漫画よりもアニメの方が面白いという珍しい作品です。

ちおちゃんの通学路

タイトルちおちゃんの通学路
放送期間2018年7月 – 9月
話数全12話
原作川崎直孝
監督稲垣隆行
アニメーション制作ディオメディア

ゲーム脳な女子高生の、ちょっと変わった日常が繰り広げられるコメディアニメです。

主人公「三谷裳 ちお」の人格も充分面白いのですが、親友というより悪友の「野々村 真奈菜」も酷いもんです。

性格が歪んでいるんですよ。他の登場人物もどこかおかしい人ばかりです。

ジャンル的には現実的な日常系のコメディアニメといったところでしょう。

ヒナまつり

タイトルヒナまつり
放送期間2018年4月 – 6月
話数全12話
原作大武政夫
監督及川啓
アニメーション制作feel.

若手ヤ○ザの新田の自宅に突如現れた謎の宇宙人で超能力が使える少女を、なんやかんやで育てることになります。

一見、超能力バトルものになりそうな設定なのですが、そんなことは一切おきません。

ちょっとハートフルな話もありますが、ほぼコメディです。

主人公のヒナは最強の能力者なのですが、基本的に世間知らずなのでドタバタで新田に迷惑をかけまくります。

そんなちょっとだけ非日常なコメディアニメです。

ギャグマンガ日和

タイトルギャグマンガ日和/ギャグマンガ日和2/ギャグマンガ日和3/ギャグマンガ日和+
放送期間2005年2月7日 – 4月25日/2006年8月5日 – 10月28日/2008年3月17日 – 6月2日/2010年1月4日 – 6月28日
話数全12話/全12話/全12話/全26話
原作増田こうすけ
監督大地丙太郎
アニメーション制作アートランド/アートランド/スタジオディーン/スタジオディーン

タイトル通り、ギャグに振り切ったアニメです。

大事な内容は、ほとんどないアニメになっています。

正統派ギャグアニメといったところでしょう。

アホガール

タイトルアホガール
放送期間2017年7月 – 9月
話数全12話
原作ヒロユキ
監督玉木慎吾
アニメーション制作P.A.WORKS

コメディとギャグの中間くらいのアニメです。

高校に入学できたことが謎なくらいのアホガールな主人公「花畑 よしこ」と、よしこに振り回されているもう一人の主人公「あっくん」こと「阿久津 明」との掛け合いが面白い作品です。

一見なにか恋愛に発展しそうない設定ですが、どうやらあっくんは本気でよしこのことが嫌いな様子。

よしこに対して普通に暴力をふるいます。

坂本ですが?

タイトル坂本ですが?
放送期間2016年4月8日 – 2016年7月2日
話数全13話(未放送話を含む)
原作佐野菜見
監督高松信司
アニメーション制作スタジオディーン

クール、クーラー、クーレスト!!

とにかく何でもかっこつける主人公というシュールなギャグアニメです。

漫画やアニメを観ている私たちからすると明らかにシュールなのですが、作品内では憧れられています。

そういった意味のわからなさも楽しめるギャグアニメです。

ちなみに、作者の実際のキャラと少し似ているらしいですよ。※作者の学生時代の後輩談

はたらく魔王さま!

タイトルはたらく魔王さま!
放送期間2013年4月 – 6月
話数全13話
原作和ヶ原聡司
監督細田直人
アニメーション制作WHITE FOX

異世界の魔王が勇者に敗れて現代の日本に漂着するのですが、人間になってしまいファストフード店でアルバイトをして普通に生活をするというコメディアニメです。

少しラブコメディ的な要素もありますが、基本的にはファンタジーコメディといったジャンルになるでしょう。

異世界から勇者が追っかけてきたりもして、ドタバタやる作品です。

この素晴らしい世界に祝福を!

タイトルこの素晴らしい世界に祝福を!/この素晴らしい世界に祝福を!2
放送期間2016年1月 – 3月/2017年1月 – 3月
話数全10話+OVA/全10話+OVA
原作暁なつめ
監督金崎貴臣
アニメーション制作スタジオディーン

異世界転移・転生系アニメといえば、チート能力をもらって無双するのが王道ですよね。

「このすば」は、そんなことはありません。

本当に普通の青年「佐藤 和真(さとう かずま)」が異世界転移するだけで能力は与えられません。

本当であれば転移イベント時に、特典として能力をもらえるところ、女神の態度に腹を立てたカズマは特典に女神を指定します。

その結果、ただの冒険者という最下級職となってしまいます。そんな不憫な「カズマ」

最上級職のアークプリーストでステータスがカンストしているけどキャラが残念な駄女神の「アクア」。

後に仲間になる、魔法が得意な紅魔族という種族で最上級職のアークウィザードだけど、一度しか撃てずに撃った後は自分で歩けなくなる爆裂魔法しか使えない「めぐみん」。

同じく後に仲間になる、上級職のクルセイダーだけど、ただのマゾという「ダクネス」。

かなりおかしなパーティがドタバタやる異世界コメディアニメです。

おそ松さん

タイトルおそ松さん
放送期間2012年1月9日 – 3月26日
話数1期:全25話+SP1話、2期:全25話
原作赤塚不二夫『おそ松くん』
監督藤田陽一
アニメーション制作studioぴえろ

社会現象になるほど人気が出たコメディアニメですね。

赤塚不二夫作の「おそ松くん」の六つ子が成長して20歳になったという設定です。

とにかく屑な六つ子たちが色々とやらかします。ブラックジョーク的なネタも多いです。

二期は正直あまり面白くありません。

下ネタという概念が存在しない退屈な世界

タイトル下ネタという概念が存在しない退屈な世界
放送期間2015年7月4日 – 9月19日
話数全12話
原作赤城大空
監督鈴木洋平
アニメーション制作J.C.STAFF

「公序良俗健全育成法」という性的なものを完全に排除する架空の法律ができて16年経ったという設定のコメディアニメです。

法律が施行されてから育った世代である主人公の世代のほとんどは、性的な知識がほぼ皆無に等しいというとんでもない世界観です。

そんな中、主人公はそんな法律に異論を唱えるテロ組織に巻き込まれてしまいます。

ギャグというよりは、ドタバタコメディといったジャンルになるでしょう。

監獄学園(プリズンスクール)

タイトル監獄学園プリズンスクール
放送期間2017年4月7日 – 6月23日/2018年7月9日 – 12月17日/2019年10月7日 –
話数全12話+OAD
原作平本アキラ
監督水島努
アニメーション制作J.C.STAFF

女子高から共学に変わったばかりの学校で、女子生徒およそ1000人に対して男子生徒はたったの5人しかいないという肩身の狭い思いをしている主人公たち。

ある日、主人公たちは風呂の覗きをした結果、懲罰棟という学園内にある監獄のようなところで1か月の懲役をさせられることになります。

そこで裏生徒会のメンバーから厳しい刑務作業をさせられることになるのですが、セクシーとギャグが入り混じったようなアニメです。

ギャグはシュール系といったところでしょうか。

生徒会役員共

タイトル生徒会役員共/生徒会役員共*
放送期間2010年7月 – 9月/2014年1月 – 3月
話数全13話/全13話
原作氏家ト全
監督金澤洪充
アニメーション制作GoHands

こちらも女子高から共学になったばかりの学校に入学することになる男子高校生が主人公のアニメです。

下ネタばかり言う生徒会長と副会長にツッコミを入れる主人公といった関係性です。

とくに大きな話の流れもなく、ファンタジーでもないので日常系ギャグアニメといったジャンルになるでしょう。

となりの関くん

タイトルとなりの関くん
放送期間2012年1月9日 – 3月26日
話数全12話
原作森繁拓真
監督ムトウユージ
アニメーション制作シンエイ動画

これはコメディというのもギャグというものおかしなアニメになるかと思います。

主人公の「横井 るみ」ちゃんは至って普通の女性生徒です。

そんなるみちゃんの隣の席の関くんが、授業中に大胆な遊びをしているのを横でツッコミを入れるという構成になっています。

遊びのクオリティがいちいち高く、花澤香菜さん演じるるみちゃんのツッコミが冴えるアニメです。

笑いとしてはクスっとする程度のほのぼのしたレベルです。

ちなみにアニメとは関係ないですが、まったく別の作品である「るみちゃんの事象」というギャグ漫画があるのですが、それとコラボしたドラマ版「となりの関くんとるみちゃんの事象」というものが存在します。

るみちゃんの事象のアニメ化待ってます!!あれメチャクチャ面白いんですよ。

這いよれ!ニャル子さん

タイトル這いよれ! ニャル子さん/這いよれ! ニャル子さんW
放送期間2012年4月 – 6月/2013年4月 – 6月
話数全12話/全12話
原作逢空万太
監督長澤剛
アニメーション制作XEBEC

クトゥルフ神話に登場するニャルラトホテプが擬人化したニャル子がメインヒロインのアニメです。

ラブコメに近いですが、ニャル子のキャラが残念(オタク)なため、ほぼギャグコメディと化しています。

宇宙人などファンタジー要素が多めな世界観です。

よんでますよ、アザゼルさん

タイトルよんでますよ、アザゼルさん。/よんでますよ、アザゼルさん。Z
放送期間2011年4月 – 7月/2013年4月 – 6月
話数全13話/全13話
原作久保保久
監督水島努
アニメーション制作Production I.G

下級悪魔のアザゼルが主人公のギャグアニメです。

アザゼルは、人間の探偵である芥辺アクタベに使役されており、日々の探偵業務の手伝いをするといった設定です。

下ネタも下品な内容で、あまり子供に見せるのもどうかなというアニメですが、面白いですよ。

侵略!イカ娘

タイトル侵略!イカ娘/侵略!?イカ娘
放送期間2010年10月4日 – 12月20日/2011年9月26日 – 12月26日
話数全12話/全12話
原作安部真弘
監督水島努(第2期は総監督)、山本靖貴(第2期)
アニメーション制作ディオメディア

海の家にイカの化身?のような姿をしたイカ娘ちゃんがやってくるコメディアニメです。

元々は、海を汚す人間たちを侵略するために地上に来たのですが、失敗してからは海の家「れもん」で働くことになります。

ドタバタ系のコメディアニメといったジャンルになるでしょう。

だがしかし

タイトルだがしかし/だがしかし2
放送期間2016年1月 – 3月/2018年1月 – 3月
話数全12話/全12話
原作コトヤマ
監督桑原智
アニメーション制作手塚プロダクション

駄菓子屋の息子「鹿田 ココノツ」が主人公です。

その駄菓子屋に有名お菓子メーカーの美女令嬢「枝垂しだれ ほたる」がやってくることから物語は始まります。

基本的な流れは、実際に存在する駄菓子を紹介するような構成になっていて、ノスタルジックな気持ちににもなれるコメディアニメです。

てーきゅう

タイトルてーきゅう/干物妹!うまるちゃんR
放送期間1期:2012年10月 – 12月、2期:2013年7月 – 9月、3期:2013年10月 – 12月、4期:2015年4月 – 6月、5期:2015年7月 – 9月、6期:2015年10月 – 12月、7期:2016年1月 – 3月、8期:2016年10月 – 12月、9期:2017年7月 – 9月
話数1期:全12話、2期:全12話 + 未放送2話、3期:全12話 + 未放送2話、4期:全12話 + 未放送2話、4期:全12話 + 未放送2話、5期:全12話 + 未放送2話、6期:全12話 + 未放送2話、7期:全12話 + 未放送2話、8期:全12話 + 未放送2話、9期:全12話 + 未放送2話
原作ルーツ、Piyo(作画)
監督板垣伸
アニメーション制作MAPPA(第1期 – 第3期)、ミルパンセ(第4期 – )

低予算で作ったテンポが良すぎるショートアニメです。

ギャグアニメは、このくらい低予算でいいんじゃないかなと思いますね。

女子高生を中心に繰り広げられるギャグアニメです。

兄に付ける薬はない

タイトル兄に付ける薬はない!-快把我哥帯走-/兄に付ける薬はない!2-快把我哥帯走2-/兄に付ける薬はない!3-快把我哥帯走3-
放送期間2017年4月7日 – 6月23日/2018年7月9日 – 12月17日/2019年10月7日 –
話数全12話/全24話/未定
原作幽・霊
監督ラレコ
アニメーション制作イマジニア、ファンワークス、Planet Cartoon(3期)

中国で作られたショートアニメです。

日本と違う文化が出てきて戸惑うこともありますが、基本的にコメディなので問題ありません。

お馬鹿な男子高校生「時分シーフン」と格闘技が趣味の「時秒シーミョン」を中心に、テンポの良い展開を繰り広げます。

少し青春要素も混ざった内容で、ギャグ寄りのコメディといったジャンルです。

斉木楠雄のΨ難

タイトル斉木楠雄のΨさい
放送期間第1期:2016年7月11日 – 12月26日、第2期:2018年1月17日 – 6月27日、完結編:2018年12月28日
話数第1期:全24χ・全120話、第2期:全24χ・全120話、完結編:全1χ・全10話
原作麻生周一
監督桜井弘明
アニメーション制作EGG FIRM×J.C.STAFF

超能力少年の斉木楠雄と他の癖の強いキャラ達がなんやかんやあるコメディアニメです。

外で観ると笑いをこらえるのが難しいタイミングが何度もあります。

荒川アンダーザブリッジ

タイトル荒川アンダー ザ ブリッジ/荒川アンダー ザ ブリッジ×ブリッジ
放送期間2010年4月4日 – 6月27日/2010年10月3日 – 12月26日
話数2010年4月4日 – 6月27日/2010年10月3日 – 12月26日
原作中村光
監督新房昭之
アニメーション制作シャフト

かなりシュールなギャグアニメです。

超エリ―トの主人公の「市ノ宮 コウ」が、ひょんなことから謎の自称金星人の女「ニノ」に命を助けられます。

ニノは、「他人に借りを作るべからず」という家訓から、命を助けられるという大きな借りを返すため、ニノの願いを聞くことになります。

その願いは「私に恋をさせてくれないか?」。しかし、すぐに顔を忘れてしまうため、荒川の河川敷のダンボールハウスに住んでいるニノと離れて住むわけにも行かず、自らも河川敷に移り住むことになります。

河川敷には他にも変わったキャラが多く出てきて、なんやかんやあります。

あそびあそばせ

タイトルあそびあそばせ
放送期間2018年7月 – 9月
話数全12話 + OVA 3話
原作涼川りん
監督岸誠二
アニメーション制作Lerche

綺麗な作画からは想像できないほど激しいギャグアニメです。

基本的には三人の女子中学生が遊ぶだけのアニメなんですが、顔芸も多くいちいち面白いんですよね。

コメディというよりはギャグアニメといったジャンルになるでしょう。

俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している

タイトル俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している。
放送期間2013年10月 – 12月
話数全10話 + OAD
原作春日部タケル
監督稲垣隆行
アニメーション制作ディオメディア

タイトルの通り学園ものではあるのですが、ラブコメっぽい雰囲気になると目の前に2択以上の選択肢が出てきて、どれかを必ず選ばないといけないという謎の能力を持っています。

ただ、その選択肢の内容が本当に酷いです。

下ネタを言わせたり、おかしか行動を取らせる選択肢が頻繁に出てきます。

本当に不憫な主人公です。

男子高校生の日常

タイトル男子高校生の日常
放送期間2012年1月9日 – 3月26日
話数全12話
原作山内泰延
監督高松信司
アニメーション制作サンライズ

日常系でギャグ寄りのコメディといったところでしょうか。

男子高校生あるあるのような構成で、元男子高校生であればちょっとノスタルジックな気持ちにもなるかもしれませんね。

作中のスピンオフで「女子高生の異常」という異常な女子高生のギャグアニメもショートで入っています。

日常

タイトル日常
放送期間2011年4月 – 2011年9月
話数全26話
原作あらゐけいいち
監督石原立也、石立太一(副監督)
アニメーション制作京都アニメーション

ちょっとおかしな世界観の日常系ギャグコメディアニメです。

タイトルと作画から、ほのぼの系の日常アニメだと思われがちですが、結構ギャグが多めです。

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

タイトル私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!
放送期間2013年7月8日 – 9月23日
話数全12話+OVA1話
原作谷川ニコ
監督大沼心
アニメーション制作SILVER LINK.

5ちゃん(旧2ちゃん)の「お前ら」を、そのまま女にしたようなキャラの女子高生が主人公です。

本人は笑わせるつもりはないんでしょうが、いちいち行動が痛いんですよ。

そして、根本的に性格が悪い。でも周りに恵まれているので、完全に孤立しているというわけでもないです。

共感能力が高い人は、観ていて恥ずかしくなってしまうことでしょう。

観てないけど、人気な作品

まだ私自身は観ていませんが、その他の人気なアニメを少しだけ紹介します。

「月刊少女野崎くん」「ディーふらぐ!」「ゾンビランドサガ」は、次に観たいと思っている作品です。

観終わって面白ければ、詳細を載せるつもりですので、もうしばらくお持ちください。

 

ギャグアニメ おすすめ
最新情報をチェックしよう!