ライフハック

Kindle(キンドル)で複数端末を家族でアカウント共有するのにおすすめの端末

Kindle(キンドル)を利用可能な端末は何を選べばいいのでしょうか?

Kindle(キンドル)が利用可能な端末は、数が多過ぎて選びきれないですよね。

この記事では、「複数端末利用で家族でアカウント共有する」のにおすすめの端末を紹介します!!

Kindle(キンドル)を「複数端末利用で家族でアカウント共有する方法」については、以下の記事を見てください。

>>Kindleを複数端末、家族で共有する方法

Kindle(キンドル)を複数端末、家族でアカウント共有する方法 画像付きKindle(キンドル)本を買って、 PC・タブレット・スマホのように複数端末でで共有したい!!家族間で共有したい!! と考える人は多い...

Kindleをカラーで見たい場合

Kindle(キンドル)端末の唯一と言ってもいい弱点が、「カラー非対応」だということなのですが、それを解決する方法があります。

そもそもKindle(キンドル)のサービス自体はカラー対応しているので、問題は端末側にあります。

解決する方法は、ずばり「スマホかタブレット端末を使う」です。

そうなんです。iPadのようなタブレット端末は、高価で中々購入するのをためらってしまいますが、AmazonのFireHDタブレットであれば、1万円もせずに購入することが可能です。

もちろんタブレット端末なので、プライム会員であればプライムビデオも視聴できますよ。

>>amazonプライムビデオのコスパが高すぎる

amazonプライムビデオのコスパが高すぎるAmazonプライム会員の特典の一つである「Amazonプライムビデオ」 私もヘビーユーザーですが、 本当にコスパが良過ぎる『VOD(...
created by Rinker
Amazon
¥19,980
(2019/02/20 00:46:30時点 Amazon調べ-詳細)

更にスペックを落とせば、なんと6,000円以下で手に入ります。

created by Rinker
Amazon
¥5,980
(2019/02/19 19:17:44時点 Amazon調べ-詳細)

それよりも、価格を落としたければ残念ながら、現在使用中のスマホを利用しましょう。小さい画面でも気にならない方であれば、それでも問題ないでしょう。

Kindleはカラー非対応でも問題ない場合、タブレットは重いと感じる方

この記事の本題は、どちらかといえばこちらですね。

一つ前のお題は、あくまでKindle(キンドル)サービスをカラーで楽しみたい方向けです。

それに、タブレット端末はKindle(キンドル)端末と比較すると重いですからね。あまり、書籍を読むのには適していません。

ここからは、いよいよKindle(キンドル)端末を「複数端末利用で家族でアカウント共有する」のにおすすめの端末を紹介していきます。

今回は、Kindle(キンドル)端末の良さを伝えるわけではなく、「複数端末利用で家族でアカウント共有する」のにおすすめの端末を紹介するため、スペックについては、比較になるようなポイントだけを紹介します。

とにかくこだわりたい

Kindle(キンドル)のラインナップで一番高級なモデルは『Kindle Oasis』です。

このモデルは価格もかなり高価ですが、本当に機能が充実していて、読書にこだわりたい方ににはピッタリです。

スペックは、

価格 29,980円~40,980円
内臓ライト LED12個(自動明るさ調整機能付き)
ページ送り ページ送りボタン付き
バッテリー持ち 最長
解像度 300ppi
接続 Wi-Fi + 無料3Gが選べる
ストレージ(容量) 8GB/32GB
重量 194g
ディスプレイサイズ 唯一の7インチ
防水機能 あり
おすすめ度

圧倒的なスペックです。他のラインナップが勝っている箇所は軽さと価格くらいでしょう。

価格は気にせずに、こだわりたいという方にはおすすめです。

created by Rinker
Amazon
¥34,980
(2019/02/20 00:46:30時点 Amazon調べ-詳細)

とにかくこだわりたいけど、『Kindle Oasis』は高過ぎる

確かに『Kindle Oasis』のスペックは魅力的ですが、少し価格が高価すぎますよね。

防水機能もいらないって方からすると、家族共有で購入するには向かないかもしれません。

それでも、こだわりたいという欲張りな方におすすめなのが『Kindle Voyage』です。

スペックは、

価格 23,980円~
内臓ライト LED6個(自動明るさ調整機能付き)
ページ送り ページ送りボタン付き
バッテリー持ち 『Kindle Oasis』以外の他機種と同様
解像度 300ppi
接続 Wi-Fi + 無料3Gも選べるはずだが、現在取り扱いなし?
ストレージ(容量) 4GB
重量 Wi-Fiモデル180g 、Wi-Fi + 無料3Gモデル188g
ディスプレイサイズ 6インチ
防水機能 なし
おすすめ度

『Kindle Voyage』『Kindle Oasis』と比較しても、そこまでスペックは落ちていません。

大きく違うのは、防水機能とLED数です。そこを気にしないのであれば、『Kindle Voyage』で十分でしょう。

2018/11/12追記

ただいま、『Kindle Voyage』は取り扱いを停止しています。

3G、4G機能はいらないからストレージ(容量)が欲しい

家族で共有するということは、自宅にWi-Fiを設置しているケースが多いでしょう。自宅でダウンロードを済ませておけば、外でダウンロードしなくても問題ありません。

一番重視する点がストレージ(容量)の場合は、『Kindle Paperwhite マンガモデル』がおすすめです。

マンガモデルといっても、マンガ限定というわけではありません。

マンガの場合、文字ベースの書籍と違い、ファイルサイズが大きくなりがちです。これは、Kindle(キンドル)の仕組みを考えると仕方がありません。

しかし、そんな大容量データを保存したいというニーズに答えたのが、この『Kindle Paperwhite マンガモデル』というわけです。

スペックは、

価格 15,280円
内臓ライト LED4個
ページ送り ページ送りボタンなし
バッテリー持ち 『Kindle Oasis』以外の他機種と同様
解像度 300ppi
接続 Wi-Fi
ストレージ(容量) 32GB
重量 205g
ディスプレイサイズ 6インチ
防水機能 なし
おすすめ度

『Kindle Voyage』に比較すると、ストレージ(容量)以外のスペックは一気に落ちましたね。しかし、価格も随分と下がりました。

この辺りの価格帯からが家族で共有するのにおすすめできる商品と言えるでしょう。

2018/11/12追記

『Kindle Paperwhite』が新しくなって、32GBが選べるようになりました。それを考えると、あまりメリットがなくなった商品です。

ハイスペックは求めないが、ライト付きがいい

残りは『Kindle Paperwhite』『Kindle』です。

まずは、『Kindle Paperwhite』です。

スペックは、

価格 13,280円~22,980円
内臓ライト LED5個
ページ送り ページ送りボタンなし
バッテリー持ち 『Kindle Oasis』以外の他機種と同様
解像度 300ppi
接続 Wi-Fi + 無料4Gが選べる
ストレージ(容量) 8GB/32GB
重量 Wi-Fiモデル182g、Wi-Fi + 無料4Gモデル191g(最重量)
ディスプレイサイズ 6インチ
防水機能 あり(新型
おすすめ度

『Kindle Paperwhite マンガモデル』と比較すると、ストレージ(容量)が少ないです。

『Kindle Paperwhite マンガモデル』と違い、無料3Gにも対応している機種があるはずなのですが、最重量になってしまいます。

『Kindle』の次に安価なため、『Kindle』の内臓ライトがないのが気になる方は、その弱点を補うにはおすすめでしょう。

とにかく安価で購入したい

最後は、一番安価なベーシックタイプの『Kindle』です。

この機種は、とにかくコスパが抜群です。

スペックは、

価格 7,980円
内臓ライト なし
ページ送り ページ送りボタンなし
バッテリー持ち 『Kindle Oasis』以外の他機種と同様
解像度 167ppi
接続 Wi-Fi
ストレージ(容量) 4GB
重量 161(最軽量)
ディスプレイサイズ 6インチ
防水機能 なし
おすすめ度

正直なところ通常使用であれば、これがあれば充分です。コスパ最強です。

大きな違いは内臓ライトですが、そもそも紙の書籍を読むときに書籍は光りますか?

つまり、紙の書籍の代用として考えている場合、この機種一択でもいいくらいなんですよ。

結論として、「複数端末利用で家族でアカウント共有する」のに一番おすすめの商品は、この『Kindle』です。

もちろん、電子書籍リーダーにこだわりたいって方は、上位機種の方がいいですよ。

どうせ購入するならプライム会員になるべし

ちなみに安価な『Kindle』ですが、更に安く購入する方法があります。

それは「プライム会員になる」ことです。

仕組みとしては、プライム会員の年会費分が『Kindle』購入費から引かれます。つまり、実質プライムの年会費が一年間無料になるのと同じです。

これは、一緒に入るのが得策でしょう。プライムビデオも魅力的です。

>>amazonプライムビデオのコスパが高すぎる

amazonプライムビデオのコスパが高すぎるAmazonプライム会員の特典の一つである「Amazonプライムビデオ」 私もヘビーユーザーですが、 本当にコスパが良過ぎる『VOD(...
ABOUT ME
やーぎ
大阪で高卒SEをしている20代後半の男です。 脱サラのためにブログを書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA