シャンプーとはちみつを混ぜるとメリットがいっぱい!?使用方法と実際の使用感

  • 2018年8月14日
  • 2019年3月29日
  • ケア
  • 17view

お風呂場に置いてある昔ながらのはちみつボトル。

なかなかシュールな光景です。

石けんシャンプーを使い始めて約半年。

毛先を中心にキシキシが酷くなっている時期でした。

洗い方を色々と試行錯誤していたのですが、そんな時、シャンプーにはちみつを加えると泡立ちがよくなって良い、と聞いたので、早速やってみました。

実際の使用感と効果について書いていきます。

■はちみつシャンプーの使用感

まず、はちみつを髪の毛に…というのを想像すると、

・べたべたしそう
・髪の毛が絡みそう

というイメージでした。

…が!まっったくそんなことありません

逆にはちみつのべたべた感なんてのは全くのゼロでした。

つまり普通にシャンプーをしているのと手触りは全く変わりません。

そして、はちみつの効果を最も感じたのは

  • 泡立ち
  • 泡持ち

です。

はちみつのねっとり感が泡に効くのか、とても泡立ちやすく、そして泡が消えにくいので洗いやすいです。

もちろんはちみつは口に入っても大丈夫なので、安心して挑戦してみてください。

(シャンプー泡が口に入ったときはほのかにはちみつの甘さが広がって悪くない・・・しかしあくまで石けんですのでご注意を(;’∀’))

■はちみつシャンプーで髪の毛にどんな変化が?

  1. 毛先のギシギシが軽減された!
  2. しっとり潤いのある髪の毛になった!
  3. 天然パーマのくるくるうねうね部分が少し強くなった!?

上2つは、とても嬉しい効果です。

石けんシャンプーを使い始めて2か月後くらいから、毛先のギシギシがなかなか解消されず、あーだこーだと試行錯誤していたのですが・・・

まさかいつも口にしているはちみつが有効だとは思ってもみませんでした。

はちみつを加えることでシャンプーの泡立ちがよくなり、しっかりした泡を作れるようになったことが、毛先の手触りをよくしたポイントでした。

髪の毛全体のしっとり感は、久しぶりに味わった感触です。潤いがあると、こんなに扱いやすくなるんですね。

3つ目の効果については、ストレートの人、くせ毛の人、天然パーマの人など、髪質で結果は変わってくると思います。

色々調べてみると、くせ毛(天然パーマとは区別して、何かしらの癖がありまとまらない状態の髪の毛)のひとは、はちみつで随分と広がりやくせを抑えることができた!という声が多いです。

わたしの場合はとても手間のかかる天然パーマなのですが、そもそも乾燥毛でパサパサになり広がりやすい髪質です。

はちみつを使ったことによりしっとり感が補われ、本来のくせが戻ってきた、といった感じでした。

乾燥による広がりは随分落ち着きましたが、くるくるによるボリュームはアップしたのでボリューム感という観点からすればプラマイゼロでしょうか。

しかし扱いやすさは断然アップしてますので、このまま使い続けようと思ってます。

■はちみつの使い方

予洗いをしたら、はちみつを500円玉大ほど手のひらにとり、髪の毛にまんべんなくつける

手順で増えるのはこれだけです!あとはいつものシャンプーをします。

わたしの使っている石けんシャンプーは水っぽくさらさらしているものなので、はちみつは先に髪の毛につけるほうが使いやすいのですが、石けんシャンプーのボトルに直接いれて混ぜこんでしまう人、毎回手のひらではちみつとシャンプーを混ぜてから髪の毛につけるなど、いろんなパターンがあります。

ご自身のやりやすい方法を探してみてください。

■さいごに

はちみつは高いトリートメントなどのヘアケア剤を買うより、近くのスーパーですぐに安価で手に入れることが出来ます。

(今はコンビニでも買えますよね。)

それに、食べ物ですのでとても安心なアイテムです。

使い方も簡単で負担が少ないので、ちょっとやってみようかな~と気軽に取り入れることができます。

是非、どのような効果があるのか、ご自身で試してみてください。

↓↓わたしの石けんシャンプー実録もどうぞ
天然パーマと石けんシャンプー

関連記事

最近話題の石けんシャンプー、みなさん使ったことはありますか?一般的な合成シャンプーとは違うメリットが沢山あると言われ、じわじわと話題になっています。初めて聞いた!という方はこちらに基本的な説明を載せてますのでどうぞ最近石[…]

執筆者 : ツマやーぎ